トップ / 求人面接の服装やデザイン

情報誌

求人の面接や登録会の服装

求人に応募して面接に行くことになった場合に大切になってくることの代表的なものが服装です。きちんとスーツを着用して、ネクタイを締めて行くのが一般的ですが、スーツはストライプが目立つようなものは避けて、落ち着いた色、デザインの物を選ぶことが大切です。ワイシャツは基本的に白を選び、ネクタイもあまり奇抜な物は避けた方が無難でしょう。また、登録会などで私服で来るよう説明されている求人もありますが、だからと言って普段遊びに行くようなラフな格好で行くのはNGです。仕事関連の用事なわけですから、ジーパンやサンダルは避けるなど、くだけすぎない格好を心がけることが大切です。

どのような服装を選ぶかは

一緒に働くパートナーを探すために、様々な企業は求人情報を出しています。そうした条件の中には、面接時の服装についての項目が表記されていることも多いものです。オフィスワーク等の仕事では、一般的にスーツを着用していけば問題ありません。工場やスーパー等の場合には動きやすい服装と指定されているケースがあります。こうしたところでは、スーツでは浮いてしまうことがあるため注意が必要です。派手目なものは避け、できるだけ落ち着いた格好で行けば大丈夫です。大切なのは相手が求めていることを汲み取る能力です。求人情報をしっかりと読み取り、適切な対応をするとよいでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 求人と人間関係について. All rights reserved.