トップ / 求人に書いてある賃金の条件

情報誌

求人情報から読み取る手取り

求人情報に書いてある賃金は、その中に住宅手当などが含まれている場合と含まれていない場合があります。賃金の記載の中に手当の金額も表示されている時は良いのですが、就職を決めてしまう前に手当について確認しておく必要があります。求人情報の賃金は額面上の給与で、そこから所得税や社会保険料などが引かれますので、手取りは差し引いた金額になります。実際には約2割程が引かれると考えると良いです。会社によってはその他に組合費や社内預金などが給与から引かれる事もありますので、実際の手取り金額を面接時に聞いておくと安心です。

手取り金額をきちんと計算しよう

求人情報誌やネットのサイトを見ると、たくさんの仕事情報が掲載されています。仕事内容、勤務地、休日や有給休暇の日数などチェックすべき項目は多々ありますが、中でも給与についての情報は慎重にチェックしましょう。求人の中にはこんなにくれるのかと驚くほど高い給与が書かれているものがあります。しかし、忘れてならないのは手取り額がいくらなのかということです。一般的に給与として書かれている金額には各種保険料や年金等が含まれており、実際に支給されるのはそれらを差し引いたあとの金額となります。仕事によっては保険料や年金のほか寮費が差し引かれたり、交通費の支給がなく電車やガソリン代が自腹という場合もありますので、いったい実際にはいくらもらえるのかきちんと計算することが大切です。

↑PAGE TOP

© Copyright 求人と人間関係について. All rights reserved.